株式会社メディア・インテグレーション Rock oN Company | 03-3477-1756

2015年9月4日 キャンペーン, ,

ノウハウと共に手に入れる PICK UP 4選! 半期大決算SALE レコーディング機材 編!


150902_sale_636_250

Rock oNがますます本領を発揮する、レコーディング機材が溢れる第二惑星に到着!

ハイエンドのアウトボードにマイク、I/Fなど他にはない高品位な製品達はあなたの作品のクオリティをUPさせること間違いなし!190製品を超えるSALEリストの中から注目すべき4製品をピックアップしましたよ。どれも1点亞k切りの限定台数(Ensembleのみ限定5台)。飛びつかないと売り切れちゃいますよ!

・BRAUNER / Phanthera
・APHEX / USB 500 Rack
・APOGEE / Ensemble
・CHANDLER LIMITED / Germanium Pre Amp

banner_2015

BRAUNER / Phanthera


Neumann、Gefell、Beyer、Schopesを要するMicrophoneの本場ドイツにあり、1993年に産声を上げた新興のメーカーでありながら、既に世界的な名声を得ているBRAUNER。 最終的な音質の判断を人間の耳にゆだねた開発を行い、高級感のある造りとサウンドに対する高い感性を持ち合わせたその完成度は、まさにThe Art of Microphoneの名に相応しい数々の銘品を生み出しています。

phanthera_fig02
その中でも最大のコストパフォーマンスを誇り、シルキーかつ濃密なサウンドを特徴とする「Phanthera」が、5台の2台の数量限定で3.5万円バリューの¥220,000で御提供! Phantheraは、ナチュラルでシルキーな質感を持つBRAUNERの中でも、まるで真空管マイクのようにウォームなキャラクターを持ったFETコンデンサーマイクです。音の太いマイクは高域が抜けない傾向にありますが、Phantheraはしっかりと伸びています。 また、スピード感があるトランジェントの良さも兼ね備えており、ヴィンテージサウンドへの憧憬を凌駕するモダンサウンドを代表するマイクです!

Phantheraの素晴らしいモダンサウンドは、レコーディングエンジニア・飛澤正人氏の全面協力によるマイク試聴ページで試聴することができます! Phantheraはもちろん、Rock oNがチョイスした高品位な様々なマイクを使い、Vocal、Guitar、PIANO、収録ソース別に24bit96kHz WAVファイルをご用意しています。ぜひダウンロードしてご自身のモニター環境でお聴きください!

banner_938



¥ (本体価格:¥ )

通常価格:¥ 255,000 ポイント還元


APHEX / USB 500 Rack


APOGEE / Ensemble(限定5台)

シンセにもGOOD!真空管の飽和感をシミュレートギターインンプット

Ensemble-Thunderbolt-Close-Up-Guitar-Inputsフロントパネルにある2つのTRSインプットは『ギター入出力』。入力はハイインピーダンス仕様となっていますが、ここにはギター以外にもシンセやドラムマシンなどを繋いでみてください。このインプットはJFET回路によって真空管の飽和感がシミュレートされるので、極めてクリアで原音忠実な他のアナログインプットとは違った温かみのあるサチュレーションサウンドが手に入ります。

リアンプだけじゃない!DAWのルーティングにストンプを加えることもできる!

ギター出力はDAWの音をハイインピーダンスで出力。つまりDAWからのサウンドでアンプをドライブさせるリアンプが可能です。しかしここの機能はそれだけじゃない!リアンプと同じく、DAWのエフェクトセンド/リターンをこのギター入出力にルーティングすれば、ストンプボックスを使った音加工も出来てしまいます。インピーダンスの関係により、一般的なオーディオI/Fの外部エフェクトとしてハイインピーダンスのギターストンプボックスを使うことは望ましくありませんでした。しかしEnsembleなら別途インプーダンス変換機器を用意することなくそれができてしまいます!強烈な個性を放つストンプボックスまでミックスに活かして、自分だけのサウンドを生み出しましょう!

 

最先端技術を使った安定の各種ドライバーが快適な動作を実現!

Ensemble_Thunderbolt_Back_ECU_TB_ports

Ensemble はTunderbolt 2 接続を利用した超低レーテンシーを実現(バッファー 32 の場合、サンプル・レート 96kHz で往復 1.1 ms )。
独自のThunderbolt オーディオ・ ドライバーと Symphony I/O にも 搭載されている ESS Sabre 32 DAC によるフル・32bit プレイバックを 実現します。

またCore Audioに最適化したハードウエアDMAエンジンによりMac CPUの負担を軽減するなど高い機能性を誇ります。

Unknown-2

本体フロントパネルにはこのギターインプットの他、トークバック用のマイク(!)と高 解像度で視認性の高い OLED 液 晶、それぞれが独立したボリュームを持つ 2 つのヘッドホ ンアウト端子、機能を自由にアサインできる 4 つのボタンな ど、非常に使い勝手を重視した 機能を配置。スタジオワークにおける視線や指先の導線までイメージした見事な配置といえるでしょう。

Waves Gold プレゼント!

通常価格¥103,680相当のWaves Goldをプレゼント!トラック処理、ミキシング、マスタリングを対象とした多種多様なエフェクトプラグインをスタジオにもたらします。

gold既に定番となったQ10、L1はもちろん、アナログ感覚で使えるという評価の高いRenaissanceシリーズのEQ、コンプ、リバーブ、自然な響きのTrue Verb、小さなスピーカーでも存在感のある低域の再生を可能にするMaxx Bass、ステレオ・イメージを調整するS1、大胆なモジュレーション・エフェクトをこなすEnigma、周波数分布とステレオ・ポジションを視覚的に確認可能なPAZ、EQ感覚で使えるインターフェースの4バンド・マルチバンド・コンプ/エキスパンダー/リミッターC4、そして、マキシマイザーの代名詞となったL1…。「ゴールドレコード」完成への近道は、ここにあります。
å
Ensemble-Thunderbolt-Pro-Studio-Talk-BackEnsemble-Thunderbolt-Home-Studio-Logic-Desk-Guitars-2-1000

Ensembleはクリエイター、そしてエンジニアへの高いプレイアビリティを誇るインターフェースとなっていますので、気になる方是非一度確認していただきたい逸品となっています。

では実際にEnsembleでレコーディングしたサウンドを確認してみましょう!

プロジェクトスタジオでの稼働はもちろん、リアンプの対応記載の通りバッファー 32Sample まで追い込む本体チップセット、そして新型マエストロソフトウェアが実現した96kHz で往復 1.1 ms という超低レーテンシーなどなど、個人ユーザーにこそぜひ使ってもらいたい魅力的な機能が満載です!



¥ (本体価格:¥ )

通常価格:¥ 338,000 ポイント還元


CHANDLER LIMITED / Germanium Pre Amp


ゲルマニウム・トランジスタを使用した独創のハイブリッドモジュールに、クラスAトランスバランス構成を融合。初期のEMI TG12345プリアンプやNEVEの1053、1055、1057、初期Telefunken、Fairchildが持つ貴重なゲルマウム・サウンドを 見事なまでに進化させたサウンドを基盤に、ハイファイ系をも含む驚異のサウンド・バリエーションを生み出します。

Germanium Pre Ampの幅広い質感コントロールの秘密はGERANIUM DRIVE(GAIN)、FEEDBACK、PAD、THICKの4つの要素がインタラクティブに相互作用する点にあります。同じゲインが得られるノブや スイッチの設定は無限大にあり、その組合せパターンごとに異なるトーンバリエーションを得ることができます。プリアンプの増幅プロセスの変化から倍音など の質感をコントロールし、EQ、コンプレッサー、エキサイターなどといった従来の発想とは全く違った方法で、幅広いビンテージ系のトーン(音色)を自在に 操ることができます。

独創的で優れた設計により、一般的にはノイジーなイメージのゲルマニウム・トランジスタをハイブリッドモジュール化、+40Voltのハイパワーカ レント駆動とすることで、驚くほど静かなマイクプリアンプに仕上がりました。Germanium Pre AmpはChandler製品の中でも最も高いヘッドルーム値を持っており+34dBuまでクリップすることなく出力が可能となっているのです!

太い、温かい、オーガニック、ビンテージ質感、またはソニック、レスポンスの良さなどGermanium Pre Ampを表現するキーワードはいくらでも見つけることができます。それだけ多彩なバリエーションをこのGermanium Pre Ampは持っているということです。そしてその全ては心地良く、最も音楽的に響くアナログサウンドなのです。

CHANDLER LIMITEDの歴史

germanium6

CHANDLER LIMITEDのデザイナーであり、代表でもあるウェイド・ゴーク(Wade Goeke)氏は、幼少の頃からラジオを分解しては組み立てるような少年でした。

後にミュージシャンとしての活動を行う彼は、カリフォルニアに渡ると、Brent Averillsで働くようになります。

Brent Averillsでテストやリペアを担当していたウェイド・ゴークは、様々なヴィンテージ機器や、そのリプロダクションに関わるうちに、自身の設計によるプロダクトをリリースする事を決意、小さなアパートで1台づつ手作りで作り上げるところから、CHANDLER LIMITEDがスタートしたのです。

CHANDLER LIMITEDの転機は、ウェイド・ゴークが偶然手に入れたEMI TG Limiterの解析をしていた事から始まります。ちょうどTG Limiterの復刻を考えていたEMIとの思惑が合致してスタートしたこのプロジェクトは、TG 12354 EQやTG 12413 Limiterとして形を表し、さらにNEVEのリプロダクトであるLTDシリーズのリリースと、軌道に乗り始めます。

現在では30人の従業員と4000㎡のオフィスを持つまでに成長したCHANDLER LIMITEDは、Germaniumシリーズという野心的なプロダクトの開発も行い、尚も前進を続けて行こうという熱さが感じられるメーカーと言えるでしょう。

title


¥ (本体価格:¥ )

通常価格:¥ 169,560 ポイント還元

banner_2015

Rock oN渋谷店舗のご案内
カテゴリー別に注目記事をピックアップ!