株式会社メディア・インテグレーション Rock oN Company | 03-3477-1756

2015年8月28日 新製品, ,

ノウハウと共に手に入れる PICK UP 5選! 半期大決算SALE!


15060828_sale_508

絶賛開催中の半期大決算SALE!中でも特にRock oNが自身を持ってオススメできる5製品をピックアップしました。

大幅Valueの今だからこそ手に入れやすい、制作/ライブがさらにパワーアップする逸品をぜひこの機会に!

・ARP Odyssey
・Octatrack DPS-1
・Native Instruments MASCHINE STUDIO
・Blue Microphones Mo-Fi
・audient iD14

banner_1993

ARP Odyssey



Octatrack DPS-1


Octatrack DPS-1 はサンプリングの革命のコンセプトの元にデザインされました。Machinedrum、Monomachine等の開発で培われた技術力を使った次世代Elektronステップシーケンサーと独創的なオーディオエンジンには一つのマシンで未だかつてない可能性がつまっています。

Octatrackは8トラックのパフォーマンスサンプラーで、レコーディングサウンドは直感的なインターフェイスで操作も簡単です。しかし本当のお楽しみはサンプルをマシンに取り込んでから始まるのです。オーディオ機器を使いこなすには多くの過程、時間を費やします。それらを抜本的に一変させたのがOctatrackです。ループ素材はテンポやトーンに制限されず、ピッチを変更してもシーケンサーのテンポを変更しても常にシンクし続けます。サンプリングにおける面倒なものはついに過去の物になるのです。

コンパクトフラッシュカードは膨大な量のサンプルに常にアクセス可能で、それぞれのオーディオトラックはギガバイト単位のオーディオファイルを再生でき、もちろんタイムストレッチに従います。またOctatrackはバックトラックにも最適です。USBポートはOctatrackとコンパクトフラッシュカードの内容をマネージメントしたコンピューターとのやり取りに便利です。

サンプル素材のサウンドを色々とアレンジすることができるオーディオマングリング性能とリアルタイムでのサンプリングが可能な機能性が統合したOctatrackは真のインスピレーションソースなのです。シーケンサーを使い、マルチプルトラックエフェクトで遊んでみたり、アサイン可能のマルチパラメーターオプティカルフェーダーを使ったり、パフォーマンスの場でのライブコントロールの可能性に一役買うことができるでしょう。このようにOctatrackは素晴しいスタジオ、ライブツールとなります。

ACID渋谷によるセルフリミックス ノウハウ!

top-508x199

 

OCTATRACKはこんなこともできる。自分の曲をリミックスして制作活動に新鮮さを!

 



¥ (本体価格:¥ )

通常価格:¥ 169,900 ポイント還元


Native Instruments MASCHINE STUDIO


Blue Microphones Mo-Fi

★本製品Instruments以外のカテゴリですが、梅田店 先行販売でリストに掲載。絶賛販売中です!

これまでカッティングエッジなマイクをリリースしてきた同社なだけにMo-Fiの存在は話題となっていましたが、予想を上回る独自の機能を搭載した新しいコンセプトの製品となっています!

gallery_02

 

Mo-Fi 特徴

★ 高出力のドライバー駆動用カスタムアンプを内部に搭載

DSPは使わないAll-analog仕様。3つのモード切り換えが可能です。

1.「passive」アンプを使用しないモード。一般的なヘッドホンと同じ状態です。スタジオ機器や高出力のアンプと繋ぐ場合に。

2.「active」出力240mW、SN比105dBのカスタムパワーアンプを駆動。低出力の音楽プレイヤーなどで使う時に。回路は全てアナログでD/A  A/Dはしません。

3.「enhanced bass」低域を強調し、パワフルなサウンドで音楽を楽しめます。

★ アンプのための充電式バッテリーを内蔵

連続使用時間12時間、フル充電は3〜4時間で完了。ヘッドホンを外した際にオートパワーオフ機能があるので安心。バッテリーのチャージが切れてしまっても「passive」モードで音楽を再生できます。

★ 50mm大口径 強化ファイバー製ダイナミックドライバー

★ レーシングカーにインスパイアされた多間接のヘッドバンド

ヘッドハンドのデザインはイヤーカップ同士を並行に保つ機構があります。イヤーカップは耳を覆って装着するスタイル。高い遮音性とフィードバック防止力があります。頭部ベルトは頭の形やサイズに合わせてユーザーが自由にアジャストでき、ラクな付け心地と高い装着性があります。

ドライバー駆動用に搭載されたアンプは低出力なiPhoneなどの音楽プレイヤーをつなぐ際に使うとのことです。しかしこの製品をリスニング用途の民生機とは思わないで下さい。オーディオI/Oのヘッドホンアンプのパワーが足りない時にはヘッドホンユニットを最も効率よく駆動させることができるほか、スタジオクオリティの高品位ヘッドホンをそのまま街中に持ち出して、いつでもどこでもリファレンスモニターとして使うことも可能です。「持ち出せるスタジオリファレンス」というコンセプトを持つ利便性の高いスタジオヘッドホンとしてMo-Fiは大きなメリットを持つのではないでしょうか。

電車の中で音楽を楽しむのも、自宅で作曲するのも、スタジオでサウンドチェックをするのも、これ全部一つのヘッドホンで。リファレンスを決めることの重要性はRock oNユーザーならお分かりですよね。



¥ (本体価格:¥ )

通常価格:¥ 52,704 ポイント還元


audient iD14


★本製品Instruments以外のカテゴリですが、梅田店 先行販売でリストに掲載。絶賛販売中です!
デスクトップオーディオI/OのiD22がヒットしたAudientから、その音質と設計思想を受け継いだ『iD14』を絶賛発売中!

先に発売されたiD22は、2in 6outで手頃な価格帯ということもあり一見エントリークラスの製品かと思われがちですが、クラス超えの高品位パーツと徹底した高音質設計、さらにシンプル設計ながら小技の利いた機能を搭載し、プロのエンジニアから高く評価されました。この度発売されるiD14もその設計思想を受け継ぎました。

高品位パーツ『Burr Brown AD/DAコンバータ』やaudientコンソールの技術をつぎ込んだClass-Aマイク・プリアンプ×2基、JFET D.Iに独立型ヘッドホンアンプ など、この価格帯では信じられないほどのファクターを備え、それを最大限活かすために最高峰のアナログ/デジタル技術が投入されています。そして「これは良い!」と言わせてくれるのが独自の『Scroll Control』機能。本体に付いたエンコーダーは普段、ボリュームやトークバックなどのモニターセクションとして使われますが、DAWの任意の機能を割り当てることでDAWを手元でコントロールできます。

id14_rear_elevated-transparent-nr

 

とにかくシンプルな仕様で構わないから出音にこだわりたい、という上級者のサブI/Oとしての利用を強くお勧めします。もちろんその扱いやすさから初心者の1stチョイスとしてもベストです。優れた音質で音楽制作を始めることのメリットは言うまでもありません。

経験と歴史に裏打ちされた確かな技術を持つAudient

(※iD22紹介記事より抜粋)
asp8024-main-oneaudientはDavid Dearden(デイビッド・ディアデン)とGareth Davies(ガレス・デイビス)によって1997年に設立されたプロオーディオブランドです。

audientの作るコンソールは、ビートルズでお馴染みの「アビーロード・スタジオ」、ピート・タウンゼントの「イールパイ・スタジオ」、フロリダ州の「フルセイル大学」など数多くの有名なスタジオに導入され、音楽業界の歴史にも深く関わっていると言えます。

これらのスタジオでAudientはアナログオーディオとデジタルコンバートの両方で高い技術を証明してきました。

Audientは「クラス最高峰の革新的なプロ機器を求めやすい価格で提供する」ことを基本理念としています。

iD14機能

・AD/DA コンバーター:2in 4out 高性能 Burr BrownAD/DA コンバーターを採用。
・高音質 24-bit / 96kHz AD / DA コンバーター
・入力: Audient コンソールと同じClass-Aマイク・プリアンプ 2 機搭載。
・1ch のディスクリート JFET D.I 入力 1 系統(ディスクリート JFET 楽器入力)
・ヘッドフォンアンプ:独立 DAC 採用の高出力アンプ
・モニターコントロール機能(ソフトウェアベース)
・iD ScrollControll Mode(iD スクロールコントロール・モード)
・拡張用 ADAT 入力
・USB2.0 対応
・ロー・レイテンシー DSP ミキサー

iD Scroll Controlモード(★注目!)

id14ctliD ボタンには iD14 の特筆すべき機能の一つ、『Scroll Control モード』がアサインできます。エンコーダーにスクロール・ホイール機能をアサインして、DAW のオートメーション等、様々な機能へのアクセスが可能になります。(動作、反応速度は各ソフトウェアメーカーのスクロール・ホイールへの対応状況により異なります。)

また、ファンクション(トークバックや位相反転等のアサインボタンとしても利用できます。
[eStoreClipper2A mdin='36629' blocklocate='ICPB' img='LINK']


¥ (本体価格:¥ )

通常価格:¥ 43,200 ポイント還元


150828_hanki2015_miroc_top-2

Rock oN渋谷店舗のご案内
カテゴリー別に注目記事をピックアップ!