株式会社メディア・インテグレーション Rock oN Company | 03-3477-1756

2015年10月29日 キャンペーン, , , ,

Digigrid DLS、IOS、IOX、IOC いずれかご購入で、厳選 WAVES Singleプラグインからお好きな1点をプレゼント! Rock oN限定キャンペーン!


150831_digigrid_508

Rock oNだけのお得かつ超実用的なキャンペーン!Digigrid DLS、IOS、IOX、IOC のいずれかをご購入で、厳選 WAVES Singleプラグインの中からお好きな1点をプレゼントいたします!(※各数量限定)

・Cobalt Saphira
・J37 Tape
・API 550
・PuigChild Compressor
・JJP Vocal
・Eddie Kramer HLS Channel
・Eddie Kramer PIE Compressor
・CLA-2A Comp/Limiter
・NS1
・Reel ADT
・Vocal Rider

LEWITTマイク or Waves Gold Bundleプレゼントキャンペーン中のIOXなどはWのお得に。DiGiGridで先進のネットワーク環境をいち早く導入できます。この機会にぜひ!

キャンペーン対象 DiGiGrid 製品


¥ (本体価格:¥ )

ポイント還元

ProToolsシステムをDiGiGridで拡張

DiGiGrid DLSは、Pro ToolsとSoundGridネットワークを接続し、プラグイン・プロセシングと、ネットワークのハブとなるオールインワンのインターフェイスです。

SoundGrid DSPサーバー、ネットワーク・スイッチ、2つのDigiLinkポートを備え、64までのデジタル入出力を提供するDiGiGrid DLSは、既存のPro Toolsシステムに、プラグイン処理能力を追加し、SoundGridネットワークの数々のアドバンテージを追加します。

DLSに内蔵されているSoundGrid DSPサーバーは、類い希なプロセシング・パワーを提供します。Pro Toolsをはじめ、あなたが使い慣れたDAWの中に統合された形でプラグインを使用できるので、数百ものSoundGrid互換のWavesとサードパーティー製のプラグインを、リアルタイムで、最少でたった0.8ミリ秒のレイテンシーで稼働させ、録音、モニター、ミックスを行うことが可能になります。

★もっと詳しく知る>>


¥ (本体価格:¥ )

ポイント還元


複数DAWやPC、アウトボード類を統括しWAVESプロセッシングまでこなす革新の逸品!

IOSはWavesプラグインのプロセシングを行うサーバー機能と、デジタル/アナログ・オーディオとコントロール信号を接続する豊富な入出力を搭載した2Uサイズのサーバー&I/Oです。
I/Oとして放送局用コンソール・クラスのプリアンプを8チャンネル、スムースで原音に忠実な192kHzまでのサンプル・レートに対応したADコンバーター、加えてMIDI、S/PDIF、AES/EBU、ライン出力を8チャンネル(TRSまたはD-sub25コネクター)を搭載しています。アーティスト、スタジオからのシグナルをASIO、Core Audioドライバー経由でDAWシステムに接続します。

IOSのプラグイン・サーバー機能は、コンピューターのCPU上で動作するプラグインによる負荷を解消します。DiGiGrid IOSに搭載されたSoundGridサーバー上でレコーディング、ミックスにWavesプラグインを使用可能です。IOSの登場により、超低レーテンシーで動作するWavesプラグインを、Native DAWアプリケーション上で存分に使用することが可能になりました。

今まで、Native DAWでは超低レーテンシーでのプラグイン処理が難しく、制作段階で様々な問題に直面していました。IOS内蔵のWaves SoundGridサーバーは高速なEthernetポートを利用してDAWと接続することで、高解像度、高音質のWavesプラグインをストレスなくシステムにインサート可能になります。

★もっと詳しく知る>>



¥ (本体価格:¥ )

ポイント還元


他のDiGiGridとつないで入出力を追加

IOXは放送局用コンソール・クラスのプリアンプを12チャンネル、スムースで高品位な192kHzまでのサンプル・レートに対応するADコンバーター、ライン出力を6チャンネル搭載した1UサイズのI/Oモジュールです。アーティスト、スタジオからの信号をASIOまたはCore Audioドライバー経由でNative DAWシステムに接続します。

さらに、高出力ヘッドフォン出力を4系統搭載し、スタジオでの演奏、コントロール・ルームでディテイルをチェックするためのモニタリングに高音質なモニター信号を提供します。


厳選 WAVES Singleプラグイン、お好きな1点をプレゼント

最新のCobalt SaphiraやH-ReverbほかMercury Bundleにしか含まれていないプラグインなどを厳選ピックアップいたしました!

★ Cobalt Saphira

20150818_waves_CBLSP_l
Saphiraは、かつて無いほどのレベルで、倍音の持つ様々な要素を緻密にコントロールすることができます。

・偶数倍音(Edge)と奇数倍音(Warmth)を独立して調整
・EQ: 4バンドEQによりそれぞれの倍音の周波数成分を個別にブースト/カット可能
・Harmonics Mode: グラフィカルに表示される7つの異なる倍音構成を選択可能
・Tape: 5つのテープスピードでワウ/フラッター・モジュレーションによる音楽的な奥行きを追加


★ J37 Tape

J37NA_1600
・テープ・サチュレーション・プラグイン
・Abbey Road Studiosとの共同開発
・60年代の数々のトラック制作に実際に使われた個体をモデリング
・EMIによって開発された3つのテープの種類をモデリング
・デジタルでレコーディングされた素材にアナログの暖かみを附加
・Bias、Wow、Flutter、Tape Speedの変更
・デジタルでレコーディングされた素材にアナログの暖かみを附加
・3つの異なるディレイ・タイプを含むTape Delay、Sync、ローパス、ハイパス・フィルターなどの設定


★ API 550

20150520_waves_API550NA-b20150520_waves_API550NA-a
API 550A

・バンド毎5つのセンター周波数を選択可能
・レシプロ&レピートフィルター
・バンド毎に2-3 dBステップで最大12dBのブースト/カット
・「Propotional Q」によってフィルターのQ幅を極端に狭めることが可能
・クリップレベルまで+30dBと高いヘッドルーム

API 550B

・バンド毎7つのセンター周波数を選択可能
・相互作用または再現可能なフィルター
・バンド毎12dBのブースト/カット
・バンド1と4はシェルフ/ピーク切り替え可能
・クリップレベルまで+30dBと高いヘッドルーム


★ PuigChild Compressor

PUIGCHNA-660_1600
・最適なステレオイメージングを維持するLateral Vertical Mode (MSコンプレッション)
・Linked & Unlinkedモード


★ JJP Vocal

JJPVCLNA_1600
・完全なオールインワンプロセッサーチェーン
・Mono-to-stereoおよびstereoコンポーネント
・コントロール範囲を最適化


★ Eddie Kramer HLS Channel

HLSNA_1600
・Mic & Lineプリアンプドライブをモデリング
・アナログノイズ/ハムでリアリズムを追求
・EQバイパスモード
・Mono/Stereoコンポーネント


★ Eddie Kramer PIE Compressor

20150811_waves_PITDM_l
・アナログノイズ/ハムでリアリズムを追求
・オートメイクアップゲイン
・Mono/Stereoコンポーネント


★ CLA-2A Comp/Limiter

CLA2ANA_1600
・Compressor/Limiterモード
・ゼロレイテンシー
・Sidechain周波数フィルター
・Mono/Stereoコンポーネント


★ NS1

・オーディオの状態に合わせて自動適応するリアルタイム・ノイズ・サプレッション
・直観的な操作を実現するワン・フェーダー・コントロール
・セリフ、吹き替え、放送、音楽用途などに最適
・SoundGrid、MultiRack Native対応


★ Reel ADT

ADTNA_1600
・Abbey Road Studiosと共同開発
・史上初、純正のADTテープ・サウンドを実現したプラグイン
・プラグイン化で実現した、ADTエフェクトの完全なリコール/オートメーション
・ソース信号とADT信号に別々のテープ・サウンドを設定可能
・完全な2ボイス構成
・各パスに独立してドライブのコントロールが可能
・マニュアルまたはオートマティック・コントロール
・かつての操作方法を外部MIDIコントローラーで再現可能


★ Vocal Rider

VRDNAT_1600
・トラックにインサートするだけで、ボーカルトラックのレベルを自動的に調整。
・安定したボーカルやダイアログのレベルを自動で維持します。
・ミックス時にボーカルパートのオートメーション処理を行う時間を節約します。
・オートメーショントラックにオートメーションを書き込む際のファインチューニング。
・「リアルタイム」とはノーレイテンシー、ノープリスキャンということです。


このチャンスを活かしていざネットワークオーディオの世界へ!最先端のワークフローを手に入れるのは今!

Rock oN渋谷店舗のご案内
カテゴリー別に注目記事をピックアップ!